国際ロータリー第2790地区 第5グループ 木更津ロータリークラブ The ROTARY CLUB of KISARAZU

クラブ運営方針

 

                                                           

2022-2023年度クラブ運営方針

-出会いから生まれる奉仕-

        木更津東ロータリークラブ
        2022年―2023年会長
        大里光夫

 

 2022-2023年度 RI会長 ジェニファー・ジョーンズ氏の揚げるテーマは「IMAJINE ROTARY」(イマジン・ロータリー)です。また『世界にもたらされる変化を(イマジン)想像して大きな夢を描き、その実現のためにはロータリーの力と繋がりを生かしてください』と呼びかけられました。
 

 2790地区の小倉純夫ガバナーはこれを受けて、地区スローガンとして「ロータリーの仲間との信頼を繋ぎ、千葉から世界を変えていこう!」を揚げられました。これは、ロータリー活動によって培われた仲間同士の信頼(fellowship)を繋ぎ、千葉という地域から世界を少しずつでも変える奉仕活動(service)を起こしていこうとの主旨であります。
 

 これらRI並びに地区方針を当クラブにおいて実践していくために、本年度のスローガンをー出会いから生まれる奉仕ーとしました。withコロナ、アフターコロナの中でもロータリー活動を一定の制限を保ちながら継続していかなければなりません。限られた「親睦」(fellowship)と奉仕(service)の機会を大切にして、ロータリー活動に関わる人達との出会いから生まれる奉仕の可能性を見出していきたいと思います。
 

 渡辺前年度会長は会員が誰かのために何が出来るのかを考え行動することー奉仕する大切さを忘れずにーをテーマに掲げました。今年度は少し進めて5大奉仕の分野が連携し繋がる奉仕活動を実践していきたいと思います。例えば社会奉仕の分野では地域の問題(社会的弱者、青少年育成)をインターアクトクラブと一緒に学び、海外の貧困や紛争に目を向け国際奉仕活動の方針を策定する機会にすることです。
 

 また、例会を実施することの大切さも考えていきたいと思います。WEBを活用したオンライン例会を地区ICT(情報通信技術)推進委員会と連携し継続的に実施していきたいと思います。対面式とオンラインの併用は感染症に対する個人間の意識の差を埋めて例会参加を可能にし、時間的制約の有る会員によって機会の創出になり欠席の改善に繋がります。例会では仲間との交友、有益な卓話のプログラムを準備し毎回の例会に“出席してよかった”と思えるような例会運営を心掛け、オープンな何でも言い合える居心地の良い例会を実現させたいと思います。またインターアクトクラブの部員が学校に居ながらWEB参加にてクラブ卓話を聴講する体制となり青少年の奉仕の理解を深める機会を創出していきたいと考えています。ロータリーの終局の目的は人間関係を改善することによって、より良い社会をつくり平和な世界を築くために貢献することだと思います。その人間関係の改善のためには一人一人の人間の善意を呼び起こし、奉仕の理想を発揚する必要があります。例会によって会員間が深い信頼と友情によって結ばれたときに奉仕の理想を発揚されるものと考えます。ー出会いから生まれる奉仕ーの最大の機会は例会だと思います。明るく楽しい例会を運営し、奉仕の世界を広げて行けたらと思います。
 

 皆様、1年間ご協力お願いいたします。

 

◆活 動 方 針◆

 

1.クラブ奉仕

  ① 例会では親睦の意識を持って参加し、明るく楽しい会話

    を心掛けます

  ② 対面とリモートによる例会を実施する

  ③ ホームページによるクラブ情報の発信

  ④ 木更津東RC55周年/姉妹クラブ締結35周年

    坂出東RC合同例会の実施

 

2.職業奉仕

  ① 会員の職業理解を深める例会の実施

  ② 高校生への職業理解の機会の創出

  ③ 教育講演会の開催と運営

 

3.社会奉仕

  ① BIG&Rの会での奉仕活動の実施

  ② 地域の問題について理解を深める例会の開催

  ③ 桜の植樹と太田山清掃の実施

  ④ 地区補助金のプロジェクト検討

 

4.国際奉仕・ロータリー財団

  ① ロータリー財団・米山奨学会への理解を深める

    プログラムの実施

  ② 地区補助金申請の支援

  ③ 新たな国際奉仕事業の検討

 

5.青少年奉仕

  ① インターアクトクラブへの支援及びRYLAへの参加

  ② インターアクトクラブと共同で地域の問題についての

    理解と課題解決について

    考え、インターアクトクラブ活動計画の策定を補助する

  ③ インターアクトクラブにおいて木更津東RCの例会卓話

    のWEB聴講を開始する

  ④ 教育講演会においてインターアクトクラブの活動紹介

    を行う

 

6.会員増強・研修

  ① 会員純増 2名

  ② 会員向け研修プログラムの実施

  ③ ロータリー研修を目的とし小グループ

   (ロータリー歴の長い会員と浅い会員)

    での炉辺会議を年3~4回開催する

 

ロータリーの目的

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。

第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものとすること。

第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実施すること。

第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

 

当クラブのバナーと背景

1968年6月26日木更津東ロータリークラブ創立時、木更津市東部地区は将来に備え発展途上でした。

当地は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)東征のおり、相模の国(サガミノクニ)より、上総の国(カズサノクニ)に上陸された土地であり、弟橘姫(オトタチバナノヒメ)の話も残っており、金鈴塚古墳(キンレイヅカコフン)など、歴史上大変古い土地です。

バナー中央の赤い炎は、東より昇る日輪、又近くにある 「新日本製鐡(現 日本製鉄)の溶鉱炉の炎」 のイメージです。その中に日本武尊の 「兜」 を、そして炎の左下には、弟橘姫の袖が流れついた 「袖しが浦」の波をそれぞれ図案化し、歴史の古さと現代の発展を表したものです。

クラブバナー

クラブ情報

(2022年 7月 12日現在)
名称木更津東ロータリークラブ
Rotary club of Kisarazu- East
所属地域木更津市 (国際ロータリー第2790地区 第5グループ)
創立 / 承認1968年(昭和43年)6月26日(承認同年7月27日)
クラブ承認番号第15043号
事務局所在地〒292-0057 千葉県木更津市朝日1丁目2ー29 シグママンション
電話番号0438-25-0716
FAX番号0438-25-0718
E-maileastkisarazu-rc@nifty.com
例会場オークラアカデミアパークホテル
〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-3-9
詳しくはこちら
   
例会日時水曜日 12時30分~13時30分
会員数正会員 43名(2022年7月12日現在)
会員年齢最年長会員  90才
最年少会員  26才
平均年齢  61才
(2022年 7月12日現在)
締結している姉妹クラブ国際ロータリー第2670地区 
坂出東ロータリークラブ
締結年月日 1988(昭和63)年4月13日

事務局マップ

Office Map

2022-23年度 委員会構成表

会長(理事)大里 光夫職業奉仕(理事)藤野 宏治
副会長(理事)近藤 直弘社会奉仕(理事)宮寺 順子
会長エレクト(理事)堀内 正人国際奉仕(理事)林 考二郎
幹事(理事)石田 亨直前会長(理事)渡邉 慎司
副幹事(理事)小林 裕治監事平野 秀和
会計(理事)佐藤 丈夫副SAA山田 修平
SAA(理事)松岡 邦佳副SAA内田 稔
会員増強研修(理事)加藤 智生
委員会委員長副委員長委員
クラブ管理運営委員会 近藤直弘
親睦・出席委員会大岩もえ小林千晃中野麻美、叶川博章、
渡部和夫、大澤藤満、
鈴木隆昌、佐藤優希
プログラム委員会阪中昌司吉田和義渡邉元貴、石井文子、
鈴木秀幸、嶋津正和、 鈴木正弘
雑誌・姉妹クラブ委員会坂井健治石井文子大隅義一、鈴木隆昌
会報・IT活用委員会田口理紗佐藤丈夫小林千晃、板谷優作、豊田文智
会員増強・研修委員会加藤智生有島敏夫、鈴木克己、林田謙志
会員増強委員会豊田文智
研修委員長渡部和夫
職業奉仕・公共イメージ委員会藤野宏治板谷優作大隅義一、大森裕資、鈴木秀幸
社会奉仕プロジェクト委員会宮寺順子渡邉元貴佐藤丈夫、大岩もえ、嶋津正和、鈴木克己
青少年奉仕委員会倉島和広叶川博章中野麻美、吉田和義、小林裕治
国際奉仕・ロータリー財団委員会林孝二郎有島敏夫内田稔、大森裕資
米山記念奨学会委員会鶴岡大治大澤藤満鈴木正弘、林田謙志