国際ロータリー第2790地区 第5グループ 木更津ロータリークラブ The ROTARY CLUB of KISARAZU

2020.02.02

【活動報告】RID2790 補助金管理セミナー

国際ロータリー第2790地区(これをRotary Internatioal District 2790・・・「RID2790」と呼称します)主催の「補助金管理セミナー」が三井ガーデンホテル千葉で開催されました。

いつもならば、地区の委員会などの用事で千葉駅周辺に行くときは木更津駅からJR内房線に乗っていくのですが、ここ最近のテレビの報道を見ていますと・・・人混みの中に入っていくことが一大チャレンジのように思えてきましたので、車で向かった次第です(・_・;)

この「補助金管理セミナー」は次年度の2020-2021年度むけに開催されるセミナーです。
出席対象者は次年度の会長と財団担当の委員長となっており、MOU(Memorandum Of Understanding・・・了解覚書)という書類を提出する場でもあります。
補助金セミナー出席+MOUの提出が次年度に補助金活用プロジェクトを行うための必要な手続きである、ということになっておりまして、次年度のクラブのために極めて重要なセミナーです。
「セミナーとかダルいし日曜日だし行きたくないし、行かない!」ということをやってしまいますと、次年度に地区補助金やグローバル補助金を申請する資格を喪失してしまいます。
「いやいや、来年のウチのクラブは補助金を使った事業をやらないから信念を持って参加しない!」ということをやってしまいますと、もしもロータリー財団奨学生の申込依頼がクラブ宛に来た場合、お手上げになってしまいます。
従いまして、県内各地から大変多くのロータリアンがご出席されております。
木更津東ロータリークラブからは、当クラブが誇る頭脳明晰なお二人・・・会長エレクトの松岡会員と次年度財団委員長の吉田会員が出席されました。
お二人とも(特に写真とかないですけど)大変お疲れ様です(*’▽’)
13時00分から16時10分までの大変な長丁場となりました。
我がRID2790ロータリー財団委員会で作成したハンドブックです。これを読み込むと補助金申請から事業実施に至るまでの手続きがわかるようになっております。
財団担当者必携の一冊です。
各委員長から詳細な説明がなされました。
RID2790の財団委員会は「3年縛り(;・∀・)」がありますので、来年度も再来年度も出向です・・・。
なお、次年度の財団担当の地区委員会は「国際ロータリーのロータリー財団委員会」という長い名称になるそうです。
ロータリー財団の正式名称「The Rotary Foundation of Rotary International (TRF)」通りに呼称するということなんでしょうね。