国際ロータリー第2790地区 第5グループ 木更津ロータリークラブ The ROTARY CLUB of KISARAZU

2019.09.25

【活動報告】2019-2020年度 9月 第11回例会

9月も終わろうとしております。

今月は5ラウンドする予定でしたが、台風15号の影響でゼロ回になってしまいました。下手に拍車がかかるかと思うと心配でなりません( ;∀;)

さて、第11回例会が開催されました。

担当は職業奉仕委員会の大里委員長であります。

「木更津地区安全運転管理者協議会」の伊藤会長と菅原事務局長のお二人を卓話者としてお招きいたしました。

テーマは「事業所活動における交通事故防止根絶運動について」であります。

最近ニュースなどで取り上げられることが多くなった「煽り運転」ですが・・・

車に乗ると人格が豹変する人は少なからず存在します。

なぜ人は「煽り運転」をしてしまうのでしょうか。

今回の卓話によりますと、

もともと人間には『ドレス効果(高級なスーツや制服を着用すると気分が変わる=気が大きくなる)』が生じてしまう性があるらしく(心当たりは多いにありますな)、車の大きさや速さを無意識に自分自身と重ねてしまう傾向があるとのことです・・・後ろにデカいリヤスポイラーを生やしてたクルマに乗ってた頃はそうだったかも。4WDターボのオレ、スゲー速いぜ!かけっこは遅いし、ドライバー飛ばないんだけどね・・・みたいな。

従いまして、高級車やスポーツカーに乗る→その車格や性能を自分自身と同一視してしまう→しかも車は匿名の移動空間→好き勝手に行動してしまう(意のままに車を操りたい)→前を遅い車が走っている→行動を阻害された!→報復行為として煽る→捕まる( ;∀;)

そんなプロセスを辿るようですよ。そういわれてみれば、4年前にトヨタのミニバンに乗り換えてからは調子づいた外車に煽られてばかりです。

極めて残念ですが、相手にしないのが一番ですしね・・・。

一方で、トラックなどの社用車には会社名が書かれている場合が多いですが、最近は煽ったつもりはなくても会社を調べてクレームを入れてくるケースもあるのことです。

みなさま安全運転を心がけましょう!